【食品ロス削減】賞味期限切れの商品を8割引で発売!?

日本は1日にどのくらいの食品をロスしているか、ぜひ知っておいてほしい。

日本の食品ロスは、1人当たりが毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのと同じ量に相当する。

私たちができることは、食べられる分だけの食品を購入し、食べ切ること。

さらに最近私が取り組んでいることは、すぐに食べるものは賞味期限が近いものを選んで購入すること。

賞味期限が近いものは割引されていることが多いので、お財布にも優しい。

そして今回、賞味期限切れした商品が8割引で売られているのを発見した。

愛知県のみかわ牛を使用したレトルトカレーだ。

通常540円するが、8割引の108で購入した。

2021年5月3日に購入したが、すでに2週間以上賞味期限が切れている。

購入日に早速食べてみたが、美味しいレトルトカレーだった。

一体、賞味期限はどのくらい切れていても食べられるのだろうか?

賞味期限とは?

賞味期限とは、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。

そのため、期限が過ぎても問題なく食べられる。

科学的な検査等で得られた「おいしく食べられる期限」よりも少し短めに設定されている。

ものによるが、賞味期限が過ぎてから20日くらいは美味しく食べられる。

安全に美味しく食べられて、安く購入でき、食品ロスの削減にも貢献できる。

すぐに食べる予定があるのなら、賞味期限切れの商品や賞味期限が近いものをあえて選んでみるのも良いかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました